2017/12/15

目標目的、仲間を糧にしたBAV講師試験受講者様。

おはようございます。
石川は雪が降り続いていますが、皆さんの地域はいかがでしょうか。















今日は整理収納アドバイザー
冨安嘉織さんのブログ記事を紹介させて下さい。


冨安さんが、BAV講座を受講するに至った経緯や
BAV講師を目指す為の過程が綴られています。


「目的目標、仲間がいるから頑張れる」
という題名です。

この記事は、私にとって考えさせられる内容でした。

無我夢中でやってきた活動が、
誰かの目にとまり、共感して頂けることに
本当に感謝すると共に、

今この時こそ、今迄以上に謙虚に、また志を持って
活動をしていかなければならないなと
背中を押されるようなブログでした。

今日もブログにお付き合い頂きありがとうございます(*^_^*)

皆様、今日も良い一日を♬




2017/12/14

FM805出演♬ 感謝の時間。

FM805 Ciao!  久しぶりに出演です♬
お聴きになって下さった方、ありがとうございます!













雪かきとラジオのヘッドホンで頭がペチャンコ(笑)
的場アナは相変わらず可愛く、
上手くリードして頂きました。

掃除の悩みにかんしては、
私も教えて欲しいくらいの回答で
あまりお役に立てずごめんなさい(^^)


番組では
年末の片付けに関しての悩みや新講座
整理収納アドバイザーBAV認定講座にも触れて頂き
有難い時間を頂きました。



BAV講座が出来上がる背景には、
石川の企業の人達の存在が欠かせませんでした。

石川の企業の環境改善の取組に対する
多くの悩み事を聞かせて頂いたお蔭で、
取組が挫折する要因に「人」の存在が大きく
関係していることが分かりました。

知識や技術、理論だけではなく、
起りうる問題に「工夫」や「問題に対する捉え方」
にスポットをあてた講座が無い事に気づかされました。

更に、石川に新幹線が開通した年は、
「おもてなし」というフレーズが石川に溢れ返っていましたが、
環境スキルを持たない事で、迅速な対応が出来ないと
いうことも多く発生していたことを目の当たりにしました。

真のおもてなしを実践するには、
接遇スキルの強化だけでなく、
同時に環境スキルの必要性を感じ、
「おもてなし」&「起こりうる問題」という切り口から
環境改善を伝える講座企画を思いつき、

ヒントはいつも身近にあると感じます。

痩せたい悩みを持つ人には、
その悩みを軽減できる商品が求められるように、

環境改善の実践や継続に悩みを持つ働く人には、
悩みにスポットをあてた講座が
求められるのではないかと・・・。


石川県で活動していたからこそ、
見つけられた悩み、

石川県の人達が、
仕組みを作りなさいと
助言をして頂いたからこそ
活動に迷わず進んでこれたこと、

改めて、ラジオを通して御礼を伝えられたことが
とても嬉しく、この機会を与えて下さった
プロデューサーの直さんに感謝です。











BAV認定講師試験受講者の想い

今朝、家の前は銀世界❄

雪かき、しんどいけれど、どんどん道が見えてきます。
分野に限らず資格取得の道も険しいけれど、
上手く使いこなせば、いずれ道は開けると感じます。














12月8日、東京で
整理収納アドバイザー2級の企業版として
新しく誕生した整理収納アドバイザーBAV認定講座
の講師試験が開催されました。
(BAV=ビジネスアシストバージョン)

世の中、多分、どの分野の試験も
最初は取りやすいけれど、
年が経つにつれて、難関になり合格率がとても
低くなっていく・・・そんな気がします。


BAV認定講師受験の条件は
整理収納アドバイザー2級認定講師試験に
合格している方が対象になります。

この2級認定講師試験も現在は難関となっています。
とても厳しく挫折する人が多い中、
駄目だしを受け入れて、受かる保証もない中
何度も挑戦した人達が殆どです。

私達地方からの受験者は
交通費や宿泊費も負担があるので
大変でしたが、合格の先には
一定の水準をクリアできたという
信頼を持って貰えます。

仕事をしていく上で資格は必要がないと何度も言われたことが
ありますが、資格は武器にはならなくても、一つの信頼を
手に入れる手段になると感じています。


話は脱線しまくりましたが、
今回、2級認定講師、1級認定講師の方々が
色んな想いを持ってBAV認定講師試験を
受けて下さり、感想をブログに綴って下さっていたので
紹介します。

林 貴代さんのブログ(名古屋 整理収納アドバイザー)

池田 由里子さんのブログ(熊本 整理収納アドバイザー)

最後まで読んで下さりありがとうございます(*^_^*)

2017/12/11

試験官 & BAV認定講師試験

先週末、東京。

ハウスキーピング協会にて
整理収納アドバイザーBAV認定講師試験が開催されました。
(ビジネスアシストバージョン)

東京に行く前に、遭遇した縁起の良い花
寒い時期に花を咲かすツワブキが
花言葉そのままに
「困難に負けないで」と見送ってくれているようでした。





















私は試験官として1日実技試験の担当。













私自身、5年前に
整理収納アドバイザー2級認定講師試験を受けた時の
ことを思い出しました。

実技に対しての試験官のフィードバックは厳しく
核心をついていて、今思えばあのフィードバックが
私に課題を与え成長のチャンスをくれたんだと感じます。

試験官をするにあたり心に決めていたことは、
自分が評価して頂いた時のように、
先入観を捨て、受講者の立場の代弁や
本当に改善できる個所を真剣に見ようと決めていました。

理事からは、
「講師を育てるなど100年早い、おこまがしいことなんだ。
受講者の評価や態度が私達講師に課題を与え育ててくれているんだ」

と教えて貰いました。

私が試験官として出来る事は受講者の立場になって
真摯に向き合うしかないと感じました。


8人の実技に立ち会わせて頂いて
皆さんが年末の仕事依頼が多い中、とても
練習をしてきたんだろうな~と感じ、
私自身が実技から学ぶ機会を頂きました。



今年の出張は今回が最後。
無事全ての講座や試験を終える事が出来、
家族や関わる皆様に感謝の気持ちで一杯です。



後は、有難くお声をかけて頂いた
今週のラジオ出演が無事に出来れば
自宅作業を残すのみ。

今週も風邪に気を付けて
元気に過ごしたいと思います♪

最後までお読み頂いた皆様、
今日もお付き合い頂き
ありがとうございました(*^_^*)










2017/12/05

地域整理収納アドバイザー懇親会

昨日は北陸3県整理収納アドバイザーの懇親会。
初顔合わせの方もいて、とても新鮮でした。

















◆長期間続く将来の働き方を考えて、
子供が小さいうちに出来ることをコツコツと行っている方。

◆新しく整理収納アドバイザー2級認定講師になった人。

◆認定講師挑戦の中で苦戦しつつも頑張る人。

◆親・子の片付けインストラクターで活動の軸を見つけた人。

◆建築会社でのキャリアを活かし、活動を考えている人。

◆今ある仕事に一生懸命活動している人。


皆さん、働き方やジャンルは違っても
前向きに活動しているお話に
とても刺激を頂きました。

特に認定講師になった方や、
挑戦中の人達のフィードバックの話を聴いて、
逆に勉強になることが多く、
初心を忘れてはいけないなと肝に銘じました。




せっかくなので、懇親会前にミーティング。
整理収納アドバイザーBAV認定講座をすでに取得し
BAV認定講師を目指して下さっている
村松講師と辰巳講師と3人で仕事の真面目な話し合い。















BAV資格を活かして活動していく為に、
更なる経験をしながら深めていこうとなりました。
人生において私にとって大先輩のお二人。

2級認定講師としてコツコツと実績を積み
目の前のことに一喜一憂せず、
落ち着いて冷静に進み、
誰かが困っている時は
お互い様だと助け合う姿に、
とても信頼しているお二人。

少ない時間でしたが、
長くお付き合いしてきた中で
生まれた同士の絆に感謝です。


そして、この会が楽しくなるように
裏でずっと準備をして下さった金野アドバイザーに
本当に感謝します(*^_^*)




2017/11/30

長野ゆかさんのBAV受講ご感想





















この本の著者、長野ゆかさんが
整理収納アドバイザーBAV認定講座を
受講しに来て下さいました。


長野ゆかさん

オフィスファイリングを専門的にコンサルティングしており
ビジネスメールの書籍を発刊するなど、
企業との関わりの多い整理収納アドバイザーでもあります。

整理収納アドバイザーは、
専門的な仕事をしている方が多く、
私は長野さんとのメールのやりとりにとても緊張しています。
折角の機会なので、本を購入して勉強したいと思います。


そして長野さんが、
BAV受講のご感想をブログで綴って下さいました。
私自身が客観的なご感想に勉強になっています。

長野ゆかさんのブログ記事

ご興味のある方は、是非ご覧ください。

毎回、人とのご縁に感謝の気持ちで一杯です。

2017/11/29

BAV講座ご感想、オンリーワン目指して

整理収納アドバイザーBAV認定講座
(ビジネスアシストバージョン)

整理収納アドバイザーとして企業向けに
どんな講座が作成できるか、
悩んで、悩んで、悩み続けました。



企業の片付けと言えば、

トヨタの5S、
全国各地のモノ作り工場の実践が思い浮かびます。


そんな中、私にとってはトヨタの書籍や、
大阪にある枚岡合金工具株式会社様の3S活動が
私の心を打ちました。

こんな働き方がしたい
自分の仕事に胸を張れるような仕事をしたい
帰りの電車でそんな風に感じたのを覚えています。



これらの活動が企業片付けのトップと考えるならば

・整理収納アドバイザーである私に何ができるのだろう?

・もう、手法も理論も出尽くしているではないのだろうか?

こんな風に思っていました。


上記のような企業を目指すなら、
環境も時間も経験も到底叶わない。

であるならば、
整理収納アドバイザーが持つ経験、
実際にクライアントに寄り添って
現場や講師をしてきた経験を活かす為に


・トップを目指すのではなく

・トップに繋ぐ為の、



入門的でありながら、
「おもてなし」の視点を加えることで
オンリーワンを目指すことが出来るのではないかと行きつきました。



また、接客業を経験している私だからこそ

活かせる理論はないか?

そこに触れたいと考えました。


















そして、講座が完成してから4回目の開催
受講された方がご感想をブログに綴って下さっていました。
承諾のもと、ご紹介させて頂きます。








皆様に感謝の気持ちで一杯です。




企業が真のおもてなしを考える上で

選ばれる一つの理論になれるように

今後も努力していきたいと思います。