2013/08/27

企業にも通ずる考え&効果「TOTONOE RICH冷蔵庫収納」

前回の「続・キッチン収納」で載せられなかった
写真がまだまだあるので引き続きお付き合い下さい♪

まずは作業台の上。使用頻度の高いモノだけ
ここに出しっぱなし。一番左の白い粉が実は
調味料ではなく食器用洗剤。最初は市販の
食器用洗剤の入れ物を使用していましたが、
1回の洗浄に必要な粉がわずかスプーン一杯。
毎日2回食洗機を使用している私は、この重さと
面倒くささから逃れる為に調味料入れに変更。

軽いし、片手で持った手でそのまま蓋もあけれる
のでアクション数も軽減。アクション数とはモノに
たどり着くまでの動作の数だよ。















オリーブオイルを使用しています。
オリーブオイルもこの方法で使用しているので
片手で取って、蓋もその手で開けて流すだけ。
このアクション数が1日の当たり前の作業の中で
多く減らす事ができればかなりの時短。
いつもの行動が当たり前すぎて、見えない自分の
生活も、よーく検証してみると色々改善できることが
あるね。

「やり過ぎ!」と思えるこんな改善も、多くの従業員
がいる会社ではこの一つの作業の改善が大きな
効果や嫌味のひとつも無くす前向きな方法にも
なるんだよ。まずは身近な所から見つける習慣を
身に着けて、それを今度は会社でも役立てるのも

一つの方法だと思っているよ。日々の慣れた生活
の流れを変える「切り替えに順応」する力も必要だね。


















冷蔵庫。




















みそ。
















これも片手で使えるようにしているよ。
















冷蔵庫の上段。
上段は遠い場所だから使用頻度の低いモノを
グルーピングして「見える化」しているよ。
ただオシャレを追求するよりは、「見える化」して
すぐにモノが探せるのが大事。ラベルを読まなくても
モノにたどり着けるよね。これは企業では本当に
必要な事だと思ってる。
















タレントで女医のN先生がいつかテレビでいってた
化粧水などは冷蔵庫で保管してるって。
私はそれまで脱衣所で保管していたけど、除湿機
かけたら高温多湿になるそんな所で管理するよりは
よっぽどマシかと思い冷蔵庫へ。
一番左は、急に銭湯に行く時に慌てないように、
化粧水などを小分けしてラベリングしてまとめたモノ。
このままバックに放り入れてGO(笑)




化粧水達。


 
ボディーミスとはヒンヤリして夏は気持ちいいよ♪
















おっと、もう美容院行かなきゃ行けないので、
また続きをアップしますので見に来て下さいね♪