2015/04/28

夫のモノを減らす大作戦Vol.5 ~漠然とした不安~

2年間で夫のモノを減らす作戦、Vol.5です。

2年計画で夫のモノを減らす作戦 Vol.1
理想の住まいに向けての作戦 Vol.2
2年間で夫のモノを減らす作戦 Vol.3
2年間で夫のモノを減らす作戦、Vol.4


私が手に入れたい環境、理想の住まいは、

1.家族が仲良く暮らす事ができる空間
2.やっぱりモノが少なく管理し易い空間

この2つの目的を成し遂げる為に私が決めた守る事とは、

『 夫に不快な思いをさせないこと 』

この考えを軸に私の取るべき「7つのルール」を決めました。

1.言葉
2.感謝
3.責めない
4.安心
5.切替
6.引き際
7.うちだけの具体的方法

今回は「安心」について。

私達はモノの要不要を迫られた時、必要ないと分かっていても

・いつか使うかも・・・
・後で後悔するかも・・・
・予備がないからいざという時、不安・・・

こんな漠然とした思いが頭をよぎります。

この思いが払拭できなければ要不要の判断が滞ってしまいます。



私が自分のモノの整理をした時は、

私自身が整理に前向きな気持ちで取り組んでいたので、

要不要の際に私にも訪れたこの漠然とした不安と時間を

かけて向き合う事ができました。


何度も何度も・・・。自分に問いかけながら。



しかし、今回は夫の不要なモノを家の中から減らす作戦。

片づけたい!と思っていない人にモノと向き合わせ要不要を

迫るのですから、私の場合と違ってこの漠然とした不安は

夫を得体のしれない恐怖で襲う可能性があります。


そうなってしまうと、片付け行為にシャットアウトを示すかも

しれません。そんなことになってしまっては作戦大失敗に

なってしまうので、まずこの不安を取り除いてあげないと

いけないと判断しました。


そこで私が考えた作戦は

①それを失っても、本命のモノが存在することを示すこと。

あるモノの要不要を判断してもらう時に、ちゃんとそれに

変わるモノがあるということを実際に見せて安心してもらうこと。


②本命のモノが無い場合、捨ててしまったモノの代わりとなる
 新しいモノを購入すること。そく補充すること。


モノを減らすことが目的ではなく、必要なモノだけの世界にする

ことが目的なので、不足しているモノが発生したなら、補充し

買い足すことも怠らない事。



この2つを徹底することにしました。

これを繰り返せば、夫は不必要なモノを手放すという

行為に、漠然とした不安を抱えなくて済むようになります。



減らすことより、買い方を変えていくことがとても大切で

本当に必要なモノにはお金も使うという事を大切にしました。























ひとつひとつが、どんなシュチュエ―ションで使うものなのか?

を考えながら・・・。



今日はここまでです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

次回、また見にきて下さいね(^^)/

今迄の連動記事です♪

2年計画で夫のモノを減らす作戦 Vol.1
理想の住まいに向けての作戦 Vol.2
2年間で夫のモノを減らす作戦 Vol.3
2年間で夫のモノを減らす作戦、Vol.4