2015/04/23

夫のモノを減らす大作戦!Vol.4~もう一つの攻め~

2年間で夫のモノを減らす作戦、Vol.4です。

2年計画で夫のモノを減らす作戦 Vol.1
理想の住まいに向けての作戦 Vol.2
2年間で夫のモノを減らす作戦 Vol.3


私が手に入れたい環境、理想の住まいは、

1.家族が仲良く暮らす事ができる空間
2.やっぱりモノが少なく管理し易い空間

この2つの目的を成し遂げる為に私が決めた守る事とは、

『 夫に不快な思いをさせないこと 』

この考えを軸に私の取るべき「7つのルール」を決めました。

1.言葉
2.感謝
3.責めない
4.安心
5.切替
6.引き際
7.うちだけの具体的方法

前回は整理の始まりの「責めない」について書きました。

今回は整理を初めて1年後の「攻めない」についてです。

私が夫のモノを減らす大作戦を掲げ、成し遂げる手段として

「7つのルール」を決めた背景には、自分のモノの整理と

実家の整理の経験が関係しています。



「2年計画」と「7つのルール」には意味があり、

特に実家の片付けにおいて、大失敗している経験上

夫のモノを減らす大作戦は私にとっての試練であり、

今後整理収納アドバイザーとして活動していく為の

使命と捉えるようになりました。


これを乗り越えた時、また違った価値観を持てるかも

しれない。経験が教えてくれる事ってどんな知識よりも

人の役に立てるかもしれない。

そんな思いでのスタートでした。



話を戻して、整理を初めて1年後の「攻めない」とは

どういう意味なのか?

例えば、私が親の家の整理を手伝った時・・・というと聞こえが

良いのですが、実際は自分勝手に私主導で無理矢理

整理の必要性を論じ、無理矢理判断させていた時のことです。



母親に私が「これは要る?要らない?」と問いかけた時に

母親は答えます。

(母) 「いつか、使うかもしれないから、とっておく」

(私) 「じゃあ、1年経っても使わなかったら捨てよう!」

(母) 「そうだね」


そして、1年経過。

(私) 「ねぇ、これ1年たったけど使った?」

(母) 「使ってないね。もういらんね。ほんなら捨てようかな」



ここまでは良かったのです。

がここからが問題でした。

(私) 「ほらね。私の言った通りでしょ。使わないものなんだって!」

(母) 「・・・・」



私は完全に間違えていました。

私の役目は母の整理をサポートすることで、たとえモノの要不要に

1年という時間が掛かったとしても、「納得」しながらモノを手放すことを

サポートする立場にありました。

1年かかってもいいのです。そこに「納得」があるのなら。

しかも納得を得るのに1年必要なモノだったのかも知れません。



「納得」しないまま、人は自分に必要だと思っているものを失うと

喪失感が生まれます。本来私が提唱する「整えリッチ」は

整えた後に豊かさが訪れること。喪失感や子供からの「攻め」や

「責め」ではないのです。



そして一生懸命育てた子供から、「攻め」を受ける親の気分は

考えただけでも悲しかったです。私が実家に帰る度に

「モノを減らさないと、また何か言われるんだろうな~」と

多分思わせていました。


母の言う「いつか、使うかも・・・」の内容の中に常にあった言葉は

いつか自分が使うかも・・・ということではなく、

いつか、私や夫や孫が使うかも・・・という内容でした。

自分の為ではなく、ずっと子供や孫がお金を使わなくてもいいように

という親心が散りばめられていました。



気づくのが遅かった私。

そして身内だからこその甘え。それが簡単に上から目線の言葉に

なっていたかも知れません。

あくまでサポート役。

ファシリテーター(促進)としての心得を忘れてはいけなかったのです。


一緒に片付けをするという事は、事を論じて責めを生み出すことではなく

一緒に「納得」を探していく旅のようなものです。

その「旅」に寄り添い付き合っていくことです。

そして家族だからそこの「甘え」があることを知り、そこは「封印」すること。

家族だからこそ、言える内容ですが

家族だからこそ、言ってはいけないのかも知れません。



整理を始めると、いろんな場面で思わず言ってしまう言葉があります。

これは「責め」や「攻め」となっていないかを考えるとこが大事です。



今日は、前回とは違う「攻めない」についてのお話でした。

最後まで、読んで頂いありがとうございました。

また次回に続きますので、是非見に来て下さいね。

















これまでのお話。
2年計画で夫のモノを減らす作戦 Vol.1
理想の住まいに向けての作戦 Vol.2
2年間で夫のモノを減らす作戦 Vol.3