2015/04/30

夫のモノを減らす大作戦!Vol.6~切替~

2年間で夫のモノを減らす作戦、Vol.6です。

2年計画で夫のモノを減らす作戦 Vol.1
理想の住まいに向けての作戦 Vol.2
2年間で夫のモノを減らす作戦 Vol.3
2年間で夫のモノを減らす作戦、Vol.4
2年間で夫のモノを減らす作戦 Vol.5

私が手に入れたい環境、理想の住まいは、

1.家族が仲良く暮らす事ができる空間
2.やっぱりモノが少なく管理し易い空間

この2つの目的を成し遂げる為に私が決めた守る事とは、

『 夫に不快な思いをさせないこと 』

この考えを軸に私の取るべき「7つのルール」を決めました。

1.言葉
2.感謝
3.責めない
4.安心
5.切替
6.引き際
7.うちだけの具体的方法

今回は切替」について。

モノの要不要をはじめる時に、よく質問されるのは

「何から手をつけて良いのかわかりません!」という言葉です。


収納のイメージが邪魔をしているんですね。

1000個のモノを片づけて、収納なんて考える事は私にも面倒。

でも100個のモノなら、ある程度どう扱えばよいか見えてくるものがある。



何も難しく考えず、減らすことから始めることが一番シンプルな方法。

では、何から減らせばいいのですか?ってことになるんですよね。


一番の方法は場所別でモノを減らすのではなく、アイテム別。

例えば洋服・CD・お皿・・・などアイテム別。

洋服を減らしたいなら、自分の洋服を家中片っ端から一か所に

集めて減らしていく。


そうやって、アイテムを決めて向き合っていきます。


しかし、私がクライアントの家に行って整理収納作業をする際は

この方法が通用しない時もしばしば。


この仕事って本当に空気を読む必要がある仕事。

教科書には書いてはなかったけど(笑)。


現実の暮らしの中に入って、リアルに生活している人の

空間に触れる仕事。1人暮らしの人ならいいけれど、

家族がいる場合が殆ど。家族全員が私の事をウエルカムと

思っているパターンは少ない。



家事を任されている人にとっては、多分すがるような思いで

私に依頼しているはず。でも家事を担当しない家族にとっては

そんな気持ちはあまり関係ない。


それよりも、なんで自分でやらないんだ?

お金払って、得体の知れない人を呼ぶ必要あるの?


そんな空気。

一般家庭に整理収納サービスに入ると

決めた時、これは想定内。どんな空気もどんな態度も

どんな言葉も・・・。



一つの家に、いろんな思いが漂っていてその空気は

ダイレクトに私に伝わってくる。

今は一般家庭のサービスは行ってないけれど、

一般家庭の作業は本当に試練が盛りだくさん(^.^)


その分、とても勉強になったと思います。



私がウエルカムではない現場では、臨機応変に対応していましたが

依頼者が片付けたい場所と別の場所から取り掛かることも

多かったと思います。


初日に片付けの結果を残して、家族を巻き込むことです。

私に対して不安に思っている家族に、少しでも信頼してもらう

には、小さいスペースを徹底的に整理・収納・清掃までして

片付けの成功した場所を視覚で認識してもらう事です。



どんな理論よりも、受け入れられ易い方法です。

一か所が徹底的にモノが少なく、収納も良く、清潔な空間に

なると、今度はそれが当たり前になって、続きをやって貰いたい

という心理が生まれます。


もし、そこで反対している家族が次回も来てもらおうよ!となれば

本当に苦しんでいた依頼者は家族の賛成の元に作業ができるので

気持ちがグッと楽になります。



反対されたまま、片付けしても、その先に豊かさは生まれないと

知っていたので、私の方法はいつも初日に結果を出せる小さい

スペースから行い空気を読み取るようにしていました。



話は戻りますが今回私が整理したいのは夫のモノ。

本人が片づけたい依頼者でもありません。


この場合、アイテム別に減らすとか、小さいスペースから結果を

出すとか、まったく関係なく通用しません。



私がとった方法は、アイテムも場所も関係なく、家中の夫の

モノから、確実に夫が悩まずに苦しまずに要らないと思える

モノを理由付きで探し出すことでした。



アイテム別で取り掛かれば、見た目にも結果が分かり易いけれど

そこは気持ちの「切替」です。


アドバイザー理論を全て捨てて、私自身が自分の気持ちの「切替」

をし、感情をコントロールするという事。



結果を急ぐことよりも、確実に夫に「夫のモノを減らす大作戦」から

一抜けさせないこと。まずはこの作戦の遂行を面倒くさいと思わせない

ようにすること。


と言う事はアイテム別ではなく、モノのレベル別を考えました。

レベルというのは、夫がモノに対して思い入れが入っているかどうかの

レベル。そのレベルが弱いモノから探していきました。

























今日はお話はここまでです。

最後まで読んで頂きありがとうございました(^^)/

また、次回も読みにきて頂けると嬉しいです♪


これまでの記事です。
2年計画で夫のモノを減らす作戦 Vol.1
理想の住まいに向けての作戦 Vol.2
2年間で夫のモノを減らす作戦 Vol.3
2年間で夫のモノを減らす作戦、Vol.4
2年間で夫のモノを減らす作戦 Vol.5