2015/12/18

本気で意識改革をしたい

旅行会社 株式会社ヴァケーション能美支店様にて

『整理・整頓・清掃が生む真のおもてなしのある職場』

セミナーを開催しました。


支店長様は中小企業家同友会の視察で大阪の工場へ

3Sの見学に行かれ刺激を受けて、そのノウハウを

職場に取り入れたものの、1人で行うにも限界があると

気づかれていました。















大阪で見た光景や感動は直接見たことで得るモノがあり

なぜ3Sをするのか?あの大阪の感動をみんなに伝えてあげたい。

その意義を説明は出来ても、説明だけでは人を動かすには至らない。

人の心を動かすには、実践した人の言葉が響くだろうと

真剣に考え今回の私への依頼でした。


私もカウンター業務を経験し、非効率的な環境が

お客様をお待たせし、ミスを連発し、業務進行を遅らせ

スタッフ間のコミュニケーションロスを招いていく事を

分かっていたので、3Sが本当にこういった問題を

1つ1つ解決、または改善していく手段であるとセミナーでは

伝えてきました。


工場や事務所で成果を発揮する3Sは、

お客様を常にお迎えしているサービス業こそ、

真似ていく必要がある思います。



おもてなしを検索すると、接遇スキル講座が

すぐに上位に現れますが、そのスキルを活かすのは

モノや人という環境スキルがあってこそ。


電話対応や第一印象だけではなく

サービスを提供して満足して帰って頂くまでが

私達にできるおもてなしだと伝えています。

そこには迅速な対応も不可欠。

問題を議論する事になれている

チームワークが必須。


これも事例やハウツーでは伝わらないので、

私の実践や、私が関わった企業の実践で

本気で伝えて、やっと少し伝わるのかなと思います。



支店長は最後に

「守ることを決めて、決めたことを守る」

ハウツーよりも、ここが本当に大切だと

皆に真の気持ちを伝えていました。

















インプットに走るより、まず今できる事。

自分達の職場に目を向けて沢山改善していこう!と

少しだけ意識が改革されたように感じます。

実践こそ、最大の武器であり防御ですね。


素敵な皆さん、応援しています!