2016/03/10

利益に繋げる為に出来る改善は?

今日はみづほ工業(株)様の3S会議

in整えリッチ事務所でした。

玄関から議論が始まってました
















3S活動を実施する中で特に製造業はQCDの観点からも

多くの改善がなされますが、サービス業となると

何時にどの扉からやってくるかも分からないお客様にとって

魅力的な職場をも、求められると感じます。


『3S活動の先にどう利益に繋げるか?』も課題の1つです。


今、みづほ工業(株)では、3S活動の中で

安全・快適・効率的な職場は基礎ですが

お客様や取引先の方にワクワクした気持ちで

来社頂けるように

「みづほ図書館」

「オンリーワンのおもてなしディスプレイ」

などに取り組んでいます。


おもてなしに関する取組は

数値化し難い取組かもしれませんが、

この取組が口コミでどんどん広がっていき

楽しんで見学される方が増えています。

=宣伝ともなってます。


それも素晴らしい事ですが、

お客様がビルや家を建てる時、

多くの建築会社が存在する中からどうやって

自社を選んで頂けるか?

そこも同時に考えなければなりません。


バックヤードが激しくとっ散らかっていても

打合せルームにインテリア性があればお客様は

整理整頓清掃が行き届いている会社よりも

デザイン性のある会社を求めるかも知れません。


お客様は品質は勿論、更にその上のデザイン性なども

求めてきます。


であれば、品質の良いモノと3S活動も

デザイン性を考えながら取り入れる工夫はできます。


3S活動は製造業が取組みやすく効果を発揮する活動と

思われる事が多いですが、サービス業にとっても

安全・快適・効率的な職場は多くのミスやクレーム改善に

繋がりお客様をもてなすことに繋がります。


工場でよく使われる原色が

サービス業の店内やオフィスで浮いてしまうのであれば

その色や見せ方を工夫して、

逆に見せるモダン3Sにしてしまっても良いと考えます。


実用性とデザイン性を兼ねる活動の工夫です。

3S活動の経費が無駄にならないように

最初からこの視点を考慮にいれて

色も考えた改善が今後続きます。


それを体感する為に

今日は整えリッチのオフィスでの会議となりました♪