2018/04/18

受講者様との距離、講座進め方の改善

今日の金沢はどんよりとした天気です。

そんな日は、内勤作業に没頭のチャンス。

来月、5月12日(土)東京開催の
整理収納アドバイザーBAV認定講座の練習。

10:00~16:00までの1日講座。
休憩を入れても実質5時間。

4時間程は、講師が話す時間。

いくら自分で作成した講座だとしても
一語一句、漏らさず大切に話さないと
重要な内容も薄く伝わってしまいます。


何度も実践や練習を重ねても、
反省点が次から次と出てきます(*^_^*)


企業内の環境改善と同じで、改善あるのみですね。


課題は受講者の方がスライドの重要画像を
見落としてしまうこと。

受講者の中には、スライドを見ながらも
話している講師の目をみて聴くという律儀な人が多いので、

後のスライドの伏線となるポイントの画像を見落として
しまう可能性があることが、
課題だと感じるようになっていました。


場面によっては、講師が視界から消え
講師の声が、スライドのBGMのように聞こえ、
目の前の画像に集中できる状況も
作り出さないといけないと思っていました。


それを、解決してくれたのが写真の商品です。

前回、東京でBAV講座を開催した時に、
会場であるケイスタイル株式会社の石塚さんから
フィンガープレゼンターをお借りしました。

とても良かったので、早速購入です♪














以前、アパレルメーカーで洋服を販売していた時に
接客時のお客様との距離感について学んだ事がありました。


お客様が洋服を持って、
鏡の前で似合うかチェックしている時、
販売員は横に立って、
鏡越しでお客様の目を見て、
アドバイスやコメントをする方法を学びました。


お客様の真横に立って、
お客様の目を直接見て話す場合、
距離が近すぎて、
緊張や圧迫感を与えてしまうからです。


お客様と販売員が
同じ方向にある鏡を見て話をすることで、
緊張や圧迫感を与えず、
リラックスした状態でお話できることに努めました。


講座をしている時も、私の立ち位置により
少なからず、問題が発生していることに気づきました。

スライド送りのリモコンが無い場合、
演台にあるパソコンを自分で操作しながら話していると
そこから動けなくなってしまいます。

その状況は、話している講師を見る間に
スライドが進んでしまい、画像でイメージを
捉えて欲しい部分を見落とします。

そうなると、とても勿体ないので、
画像が主なスライドの時は、
私も受講生の脇にお尻を見せずに立ち、
一緒に画像を見ながら、
スライドに集中しやすい状況を作ることが
必要でした。

フィンガープレゼンターを使用する事で
私が自由に動くことが出来るので
前回はこの課題をクリアすることが出来ました。


絶客業をしていた時に教えて頂いたことが
講師業になった今もとても有難く思います。


そして、本日の作業用BGMは
講師試験配布用の自分の音声データ。
















散々聴いていると、もう自分の話し方を聴くのも
恥ずかしくなくなりました(笑)


今、まさに講師を目指して練習している人と
同じ様に私も毎日聴いて頑張ろうと思います。


では、皆様も良い一日を♬

■募集中【整理収納アドバイザーBAV認定講座】
【東京】    
日程:5月12日(土)9:45~16:00
場所:ケイスタイル株式会社
受講料:23,760円(テキスト、認定料込)
講座詳細・申込はこちらから

【石川県金沢市】
日程:7月22日(日)10:00~16:00
場所:勤労者プラザ

■募集中【整理収納アドバイザ―BAV認定講師予備講座】
日程:6月10日(日)
会場:ハウスキーピング協会
詳細:申込はこちらから