2019/06/20

2S、しんどい事は重なる。それでも諦めない企業。

おはようございます。

東北の企業様より2S活動報告が届きました。

社員研修として
整理収納アドバイザーBAV認定講座を
導入し、その後自力で2S活動を実践中の会社です。




4月にスローガンを掲げて以来、
年間計画を立てて動き出そうとしていた2Sの面々ですが、
その後、超繁忙期が訪れ現場は連日の残業、
事務員さんのイライラもマックスの状態だそうです。


社長は とても2Sのことを口に出せる雰囲気ではなく、
スローガンも壁に貼られたまま
単なる壁の模様となって2か月が経過。



この局面をどう乗り切るのか、
黙って見ていましたがこのままだと自然消滅するのでは
と 思われるほど・・・


あれほどあった環境改善に対する
皆の意識は忘れ去られたかの様だったそうです。



そんな時、
事業や環境改善に対する取り組みについて
取材させて欲しいとのご依頼を頂く事に。




社長は

「せっかくですが来年来てくださいと」

と言いたいのをグッとこらえて、
これも良いチャンスではないかと 2Sリーダーに相談し
なんとかみんなを巻き込んで少しでも2S活動を進めて行こう
となり、


もう一度仕切り直しをしてやってみようと
メンバーを集めミーティングを実施。


改善点として、これまであった環境整備委員会を
2S委員会として統合・再編成し 実働部隊として機能させることに、
そして計画に対する実施内容をレビューする事と報告を
事務所全体に対し行う事としました。


「このクソ忙しい時に取材ってなに?」


という心の声を背中に思いっきり感じながらの再スタート
だったようですが、
2Sリーダーの持前の明るさと人望で、皆が

「しょうがない、あんたが言うんだったら一つがんばってみっか~」


と笑顔の再開となったようです。


やっぱり人なんだなぁ、
人が立ち上がる力を与えてくれるんだなぁと改めて感じたそうです。


環境改善活動は永遠に続くことなので
焦らず、じっくり、時をみながら
維持継続していってほしいなと思いました。


この報告の後に、
山形県の地震があり、
さらなる追い打ちですが

どうか、いつかこのことを乗り越えたときに
「あんなことがあったね~」と
いう日が来ることを祈って応援したいと思います。