2020/03/16

合冊&分冊&更なる破棄作業

今日は済美幼稚園への整理収納コンサルティング日。

昨日は晴天だったので、冬用タイヤをノーマルに付け替えたのに、

今朝は、道路に雪が( ;∀;)


歩いていこうか悩んでいるうちに、みるみる良い天気になり

車で移動が可能になり、ホッとしました。



インフルの流行や、コロナの影響で

一時、ファイリング作業も中断し、

大幅にスケジュールに遅れが出ています。



現場の整理収納のコンサルは私担当ですが、

ファイリングに関しては奈良県の長野ゆか先生に

私がファイリングコンサルティングの為の指導を受けながら

実践しています。


長野先生との個別ミーティングで

改善案を話し合い、現状で良しとせず、

今は辛くても、将来に繫がる作業を試みています。




今日は、簿冊から個別フォルダに落とし込んだ

一つ一つを、通常業務の使用頻度を議論して

合冊や分冊について話し合い、

作業に取り組みました。


異なるタイトルのファイルを合冊してみると、

重複している書類も発見し、更なる破棄作業も追加しました。



また、簿冊のまま残すファイルについても

再度話し合い、

監査だけの特別な日の為に照準を合わせるのか、

もしくは、日々の作業に効率化を求めて、

フォルダ化を目指すのか・・・



議論していくうちに、

こうしなければならないという考えが柔軟になり、

おのずと答えが出てきました。



せっかくのこの機会に、変化を恐れず挑戦しようと。


また、やってみて使い勝手が悪ければ、改善しようと

前向きな意見が出て、行動へと繋がっていきました。




この辺りは、ズームではやはり難しいなと感じるところで

私自身、アドバイスする上で学びの時間となりました。