2020/03/06

今できるアドバイスを議論&指導

コロナウイルスにより、

仕事も制限され大変な思いをされている企業が

多く、早く終息することを願うばかりです。




私も、現在2Sのコンサルティング先が

幼稚園の為、外部の立ち入りが出来ず、玄関前の訪問です。




そんな中でも工夫して、現在行っているファイリング作業は、

通常業務と並行してスケジュールにそって行われています。
























来月には年度も新たになり、通常業務も待ってはくれませんので

準備も進めていかなければなりません。




済美幼稚園担当者様には、

毎回進捗状況を画像で送ってもらい、

ファイリング指導専門の長野ゆか先生のチェック。




コロナ前まで現場に入っていた私と

現場の状況、レイアウト、書類全体量などを踏まえて議論し、

一番良い改善策をピンポイントにまとめて、

済美さんへ指導です。



二人で指導に入ることを決めてから、

いろんな問題が起こりますが、

議論に議論を重ねて、一つ一つ課題をクリアし、

目の前のクライアント様に

全力でこたえていこうと決めていました。




現場では、問題や課題が次々に起こるので

やってみて分かることがあると感じます。







また、

企業の規模、社員数、職種、抱える資料の特徴によって

長野先生の色んな選択肢を提案してくださる指導が

テキストにはない企業ならではの遊び心も

ファイリングにはあるんだと実感です。



また、現場経験の積み重ねの大切さも感じました。






園内に外部が立ち入りすることが出来ない今、

私たちに出来ることは、




現場なのでズームでは解決できない部分を

画像と分かりやすいイラストと、

実践手順を分り易く見える化して、

直接、園外で指導です。



そして、職員室の2S指導は私の直接園長への指導です。



早く、働く皆さんが活動しやすくなる日が来ることを

願って、今日も指導を継続できることに感謝を想う1日でした。(^-^)