2020/06/01

ファイリング山場

連日、済美幼稚園様にて

ファイリング作業。


長野ゆか先生のファイリングコンサルティング養成指導を

受けながら、私も済美さんの職員になったつもりで

ファイリングシステム構築の現場を共に作業しています。

















● どんな部分でつまずくのか

● どんな資料がどの規模であるのか

● どんな分類が良いのか

いろんなことを考えながら作業は、

中々しんどいものです。


半年スケジュールを組んで、今が山場なのだろうと思います。



簡単な破棄を繰り返しながらも何十年もの間に

蓄積された書類は相当の量。



それらを大量に分類し、破棄することが

とてもしんどい作業でしたが、

ここにきて、もっとしんどい作業が待っていました。



全書類を見える化し、仕組を構築する段階で

多くの改善が見えてきました。



これでもか!という具合に、

何度も長野ゆか先生から改善の指示。




その指示が、的確で、

「みんな頑張ったし、これ以上求めては酷、、、」

とはいかず、

~まあ、いいか~


を許さない。



許してしまうと、徹底的な効率化を阻止し

逆にこれまでの大掛かりな作業がムダになるからだ。



ここが、コンサルとしての正念場だと

徹底的な指導をしてこそ役に立てるのだと。





帰りに、済美さんの下駄箱に

私の名前が入っていて、

先生、いつもありがとう!と

準備してくれた男性職員が挨拶にきてくれて

本当にこちらのセリフだわ!と思いながら

今日も帰宅。
























私が結果を出せたら、

職場環境改善におもてなし精神をもった志を同じくした人が

後に続くといいなと願いながら

今日も感謝を思う1日でした。