2020/06/30

考え方を変えただけで、手に入る仕組

今日は雨のち曇りなジメッとした金沢。


今日も済美幼稚園様でファイリング作業。

終盤も長野先生からどんどんメールが来るので、

解読するのに必死です(笑)



ファイリングだけでなく、園全体の2Sも並行しているので、

どんどん変化していく職場。





園長から、ファイリング作業立ち合いの際に、


「考え方を変えただけで、手に入る仕組があるんだね。


書類=リングファイルで管理するしかないと思ってた。

自分達抱える量と、これから毎年破棄する量、

すべてが見えるから、これ以上棚を買い足さなくていいんだね。

みんな、本当にありがとう」と。


私も一緒に作業している職員も

その言葉にとても嬉しい気持ちになりました(^-^)



事務所外キャビネット

保存年限による廃棄待ち書類と永年保存書類を

交ざることなく、別々のキャビネットで一括管理。


たまに見たい書類が多く、保存箱ではなく

すぐに取り出せるようにボックスへ。



更に、廃棄年月日ごとに棚段にまとめてあるので

年度末に、指定の棚番にある書類を全捨てできるシステム。
































永年保存の卒業アルバムも、ここまで仕組みが見えてくると

「カバーも要らない」とすぐに許可が下り、

毎年増えていくことを想定して、

保管場所も準備できました。











「物があふれ、スペースも物に占領され、

毎日探し物に時間を使うなど、

物によって、傷ついた状態が、2Sやファイリング作業を実戦することで

かさぶたが剥がれて、どんどん再生していく感じが肌でわかるよ」




と感想を頂き、今日も感謝を思う1日でした。