2020/07/03

第三者の視点でファイリング改善点に気づく

連日、済美幼稚園様でファイリング作業。

基準表は2段階で別の基準表も作らないといけないので

・取りこぼしがないか

・並びは大丈夫か

などなど、多くの角度から検証です。


その過程で、疑問に思うことや

手順の確認等を長野ゆか先生と

担当者、私とでズームミーティング。



直接、画面共有で資料を見ながら話せるので

分かり易く、話せば話す程に

徹底的にしたい私たちは更なる課題(作業)を発見するのでした。




私も担当者様も長野ゆか先生との

半年にわたる取り組みに、

苦手だったファイリングに興味を持ち、

今では大好きになっていました。


いつも、見学で他社に見せれるまでにしたい!

という目標があるので、改善できる場所は、

例え小さくても実行です。



特に、全くファイリングに携わらない職員を

作業に巻き込むと、第三者の視点で

「これって、どうすればいいんですか?」

と、思いもよらぬ質問がきます。


なるほど、質問させてしまっている!

質問しなくても分かる状態にしたい、、、


そこが改善点だと

いくつもの改善に気づいていきます。

 

 




















今日は忙しい中、限りなく時間を取ってくれる

長野先生と、書庫を見て沢山質問してくれる

職員達に感謝の1日でした(^-^)