2020/07/06

誰もがシステムを構築できるように工夫


今日は済美幼稚園様でファイリング作業。

今日はある作業に別の職員も参加してもらいました。

分業だと、担当者に聞かないとその工程作業ができないと

困るので、時間はかかっても複数の職員にその工程を

覚えて貰います。



時間に追われて焦りますが、ここは長期的な運営を考えると

育てる時間を省いてはいけないと、じっくり作業です。




PC関連に不具合があり、思うように作業が進まないこともありましたが、

やれることは、探せばいくらでもあるので、

表示作成作業に切り替えです。



長い期間一緒に作業しているメンバーたちとは、

このようなイレギュラーな時を沢山乗り越えてきているので、

すぐに今出来ることに作業を切り替える習慣がついたようです。


2S実践やファイリングシステム構築は、


実戦の中で、人が成長すると改めて感じた1日でした。

ラテラルキャビネット内はどの引き出しも、

欲しい資料を探せるように、またすぐに戻せる&しまえるようになりました。















事務所以外の書庫も

法廷保存年限に沿って、廃棄待ちと

永年に分け、扉を開かなくても、何がとこにあるのか、

継続しやすい表示を徹底的に施していきました。


























保存年限の数え方など、

時と共に忘れることも多いので

置換時に備えて、マニュアルもどんどん作成です。






















今日は、来客や問い合わせの電話が多い園でしたが、


なんとか時間を見つけながらの作業でした。



沢山の問い合わせに対応してくださった長野ゆか先生と

一生懸命に取り組む職員の皆さまに感謝の1日でした。