2020/08/19

保護者の立場になっての改善作業「すいません」と思わせない

~整理収納の徹底が、真のおもてなしに繫がる~


おもてなしの対象は、社員・取引先・お客様。





済美幼稚園様の2S活動・・・


事務所ではモノと書類(オフィスミカサ・長野ゆか式)の整理収納作業が終わり、

コトの整理の続きです。




ヨコミネ式メゾットを取り入れている

済美幼稚園様は裸足保育の為、

シューズではなくサンダルを購入しなければなりません。



成長と共にサイズもすぐに合わなくなるので、

保護者様はサンプルで子供に試着してか買い替え。


今まで事務所で管理していたサンダル↓ 


















一足試してサイズが会わなければまた別のサイズを

お出ししなければなりません。


常に、来客や電話対応、事務作業で追われている

事務職員に保護者も言い辛いと思います。




「お忙し中、すいません」と言わせたり、思わせてしまうのは良くない。

こういったことを、気付いたなら一つ一つ解決方法を模索します。








ちょうど、捨てようとしていた、壁掛け収納洋品を


2S作業が終わるまでとっておこうと保管していました。



























これで、好きな時間に保護者の方も子供のペースにあわせて、

急かさずゆっくりサンダルの試着ができます。


とても小さなことですが、こういったことも積もり積もれば

これらの改善も大きく信頼へと繫がります。



また職員にとっても効率的です。


こんな風にまだまだ改善が続いています(^-^)